Tester01    (テスターゼロワン)
(画像をクリックするとチュートリアルのページに移ります)
Tester01
基本機能
マウスとキーボードの操作を記録して再生する事ができます。
再生した結果を自動判定して検証する事が可能です。
作成された操作記録から試験手順書が作成できます。
実行された結果から試験結果とエビデンスを作成して試験手順書に
リンクさせる事が可能です。
操作性
GUIによる編集で操作を自由にカスタマイズ出来ます。
各操作は実行するかしないかの選択が可能です。
操作途中で中止、再開または自動実行や手動実行など様々な
操作方法が選択できます。
特性
単なるATE(自動テスト装置)ではありません。
RPAとしても使用できます。
軽快なソフトなので、日々のルーティン作業等にも使用できます。
操作対象であるAPPの開発言語に関係無く再生する事が可能です。
手動検証しかできないものがあります。
    ※操作に関しては、ほぼ全てのAPPを操作可能ですが、
        自動検証するにはプリミティブなOCXのみが対象です。
        また、アーキテクチャが同一でないと自動検証できない
        場合もあります。
        自動検証が出来ない場合は手動検証で操作して下さい。

“ テストは1回通れば終わりだからぁ” って言う人がいますが・・・ヾ(・ε・。)ォィォィ
たった1回テストを合格させるために何回テストしてますか?
例え1回テストを通ったとしても、バグの改修もあれば、機能追加もありますよね?
ATEを使えば、多少なりともシナリオをメンテナンスする必要はあるにしても
今まで積み重ねた全テストシナリオを容易に自動でリグレッションテストすることが可能です。
以下のソリューションを是非御試し下さい。

更に、Tester01はとても小さく軽快に動作します。
テスト(UT,ITなど)に限らず、デバッグ時のAPPへの操作(例えば、名前、住所、年齢などを入力するような機能)が
煩わしいと思った事はありませんか?
RPAとして単なる操作補助としても御使い頂けます。
TestCycle.jpg



動作OS Windows 11 で動作確認しています。
注意 Google ChromeやBraveなどChromeライブラリを使用しているAPPを検証対象にする場合は、
いったん全てのChromeやBraveをクローズしてから、
起動オプションに「--force-renderer-accessibility」を追加して下さい。
普段使いからショートカットのリンク先に設定しておくと便利です。
Lite Edition Free Edition
友好的に評価して頂ける事を条件に
安価で御使用頂けます。
    特性
  • 機能に制限がある
    販売価格
  • 6,919円(税込/手数料込)
販売はVectorより行っております。
Ver 1.x.x のライセンスは一緒です。
同じパスワードでお使い頂けます。
友好的に評価して頂ける事を条件に
無料で御使用頂けます。
    特性
  • 作業の自動化に興味をお持ちの方用
    販売価格
  • 無料
  • 小規模な組織の方に限ります。
    詳細はインストーラーまたは、
    インストール後のヘルプを参照して下さい。
Ver 1.14.2複数デバッグができない不具合を改修した  ・ ・ ・ ・ ・  2022/09/12


Ver 1.2.2バグ修正   ・ ・ ・ ・ ・  2022/09/12